愛しの恋人を見つけよう

男性の多くが出会い系サイトに登録をして新しい出会いを探しているのではないでしょうか?
実際に登録をして全く出会うことの出来ていない人というのは、出会い系サイト選びが間違っているからなのです。普段の生活では、どうしても恋人対象となる出会いというものは、よくあるものではありません。
学生なら出会いの場はいくらでもありますが、社会人になると自宅と会社の往復だけとなるので、ほとんど出会う機会はありません。

 

もし貴方が恋人を見つけようとしているのでしたら、出会いを待つだけではなく出会い系サイトを利用してみるようにしましょう。
出会い系サイトというのは恋人を見つけることが一般的なものとなっているので気軽に素敵な恋人を見つけることが出来ます。
貴方がこれまでに経験をしたことが無いような素敵な出会いが出会い系サイトでは待っています。
もちろんそのためには出会い系サイトテクニックを駆使する必要があります。

 

出会い系サイトなら、恋人を求めている女性が非常に多数利用をしており、貴方が理想的な女性も見つかるでしょう。
最近におきましては、出会い系サイトで出会った二人がそのまま結婚まで行ってしまうケースもよくある話です。

 



愛しの恋人を見つけようブログ:20200224

幼かった娘が大好きだったもの、
それはわしの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだって娘はわしの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついわしの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

ある夜のこと。
いつも娘の右側で寝ていたわしは、
たまたま左側で眠っていた。

娘が動く気配で目が覚めると、
娘が右側にいる夫の方に転がっていくのが目に入った。

そして夫の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、娘の手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわててわしの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

娘は、わしと夫をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきった娘の寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

娘に耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、ママとしての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、娘はわしの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったある夜、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
娘の指がふと離れた。

そしてそれ以来、
娘の指がわしの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になった娘は笑う。

それでも、わしは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…